Site Network:

竹島問題の火つけとなった、野田の「従軍慰安婦発言」

 日韓の首脳間で従軍慰安婦問題をめぐって応酬が続いている。金学順さんらいわゆる「従軍慰安婦」や強制連行などの国家賠償請求訴訟は時効の壁という形式判断で原告敗訴にされてきた。野田首相は「強制連行の事実を文書で確認できない」つまり「証拠文書がない」と言うが、敗戦直後、戦争責任追及を避けるために関係書類は組織的に焼却処分されたことは誰でも知っている事実である。
 また「証拠文書」はアメリカ公文書図書館にあることはひろく知られ、米議会では「決議」までなされている。1993年の、いわゆる河野談話でも従軍慰安婦募集が「甘言」「強圧」によってなされたとしている(元従軍慰安婦証言)。野田首相の歴史認識もこのレベル。「自虐史観」と論難する右翼、歴史修正主義者らと同じ「口実」を使うとは糾弾ものだ!