Site Network:

研究会「職場の人権」

■第149回研究会(12年2月)  
NPO労働と人権サポートセンターとの共同企画

    いま企業別組合の役割はどこに?
      ──現代日本における労使関係の状況

と き  2月18日(土) 午後1時30分

ところ  エルおおさか(大阪府立労働センター)701号室
(電話 06-6942-0001 地下鉄谷町線、または京阪電鉄「天満橋」駅下車。西へ徒歩5~6分)

 報告者:熊沢 誠 さん (研究会「職場の人権」代表)

 コメンテーター:要 宏輝 さん (元連合大阪副会長/元全国金属オルグ)

 熊沢さんの連続講座の第4回。欧米および日本の労働運動の史的考察をふまえて、今回は、現在の日本で労働関係における経営側の専制を許している、労働組合運動の著しい衰退のようすを、多方面から具体的に語ります。仮借ない批判的考察ともいえましょう。熊沢さんはむしろ、この報告が無視した「日本の良さ」に気づかせてくれるような出席者の反発を期待すると語っています。
 またコメンテーターには、元全国金属オルグで、『正義の労働運動ふたたび』(2007年10月)を著した要宏輝さんにお願いしています。運動の実践家であれ、研究者であれ、ふつうのサラリーマンやOLであれ、フリーターであれ、およそ日本の労働運動になにがしかの関心をもつ人はどなたでもご来会ください。