Site Network:

強行採決をしやがってみろ!来年の参議院選挙で「自・公落選運動」を徹底的にやってやる!

強行採決をしやがってみろ!来年の参議院選挙で「自・公落選運動」を徹底的にやってやる!・・2014.12総選挙では、自・公はともに2013参院選よりも票を減らしている。自民党の得票率は投票者総数5470万の32%強、有権者総数1億400万人のわずか17%に過ぎない。この程度の得票でアベ独裁は調子に乗りすぎ!自民の獲得議席は290(小選挙区222・比例区68、まさに小選挙区の弊害!)。第1党は「棄権党」の53%。来年の参議院選挙の最中に、この棄権票を「自・公落選運動」でかりだして投票に行かせればよいのか!公選法では特定の候補者の落選のみを図る行為であれば選挙違反にならない!「目からウロコ」だ。早急にネガディブ・キャンペーンのやり方を研究しなければ。・・「闇の中に光明がある」(冤罪の大逆事件、秋田刑務所で悲憤の自殺をした、新宮市の真宗大谷派の高木顕明の遺言)。高木顕明を除名扱いにしたことを反省している真宗大谷派はこの5月、いち早く「戦争法案反対」の声明を出している。