Site Network:

要宏輝のWebサイトにようこそ!

アベノミクス考:企業・国家・国民、三つの経済主体の皆が得すれば結構なことだ。国内立地のごく一部の輸出企業のみが得をし、国民・国家・大多数の企業が割を食ってる。しかし、儲かっているはずの輸出企業も中国などのバイヤーから円安30%分の値引き要求をのまされてちっとも良くなっていないと団交で聴いた。この企業は長期の為替予約で凌ぐ方策も講じていないのか、団交で嘘をついているのか。知識がなければ、大抵の企業内組合は騙されてしまう。円高で従業員は賃金カットを受け、円安で会社は中国に値引きを飲まされてしまう。グローバル化、国民国家の崩壊でこんなことになってしまう。

  

「日本労働運動の最前線」(仮題、論創社)、3月刊行予定

 永らく、ブログの更新がないとのご批判をいただいています。ホットニュースは、私の「連合大阪訴訟」の最新情報が本に掲載されます。本は「日本労働運動の最前線」(仮題、論創社より3月刊行予定、設楽清嗣・高井晃編著)です。ご期待ください。

要の2010年の年賀状です

以下は、遅ればせながらの要の賀状です。要の賀状は「少しもめでたくない」との評価が定番です。
             2010年新春

最後の「職革」樋口篤三さんが12月26日、逝去されました。要宏輝の追悼文の一部です。

 党派のオルグ・職業革命家は少なからず存在していただろう。しかし、党派を超えた「職革」は樋口篤三をおいて他に私は知らない。彼の笑顔がいい、語り口がいい。その笑顔と語り口は「職革」とは形容矛盾のように労働者の心に自然に入り込んできた。また、清貧を倦まず、飄々とした風情が随伴していた。誰しも持ち得ない「職革」の特性だった。

連合大阪訴訟の第5回の公判が10月29日に開かれました。次回は1月14日13時30分608法廷

 連合大阪訴訟の第5回の公判が10月29日に開かれました。相も変らぬ弁論手続きが続きますが、連合側からは「大阪府労働委員会労働者委員就任妨害事件」について被告つまり連合大阪主張の認否を求めてきました。連合大阪は「要の労働者委員就任妨害をしたことはない」などと簡単に覆される主張をしていますが、これらの主張を「教師」の脇本前事務局長(日教組)らは「偽証」するつもりでしょうか。当日、被告連合大阪側代理人は脇本、坂副事務局長(関電)、中世古電機連合前議長(松下電器)の3名を証人申請すると発言しました。原告側も脇本ら4~5名の敵性証人を申請する予定です。「A級戦犯」の役員が次々に現役を去っていきますが、役職と違って現役時代の「罪」は去ってくれません。彼ら、個人の不法行為の時効は3年、使用者(連合大阪)の使用者責任の時効は10年です。待望の証人調べは次々回、4月頃からになりそうです。
 

月刊「自然と人間」6月号が発売中です!

月刊「自然と人間」6月号(毎月1日発売)に論文が掲載がされています。ぜひご一読ください!

全電通の最後の闘士、連合大阪元会長の「柴田範幸さんを送る会」が開かれました

 柴田範幸さんを送る会が5月22日、大阪の帝国ホテルで開かれました。柴田さんは死ぬまで私、要と連合大阪の諍い(いさかい)の調停に努力、腐心されました。連合大阪の幹部は柴田さんの真の偉大さを知らずして、最終的には調停を断り、要が、というより彼らが「連合大阪訴訟」に実質踏み切ったのです。私は、次のような追悼文を書きましたが、一番生臭いものだったと自覚しています。

札幌講演会へのご参加ありがとうございました!

たくさんの方々、90人弱の方々にご参加いただきありがとうございました!

札幌で「4.28要宏輝講演会」

 先にもご案内していましたが、札幌での講演会の案内が送られてきました。主催は「要宏輝講演会実行委員会」。実行委員会のメンバーは市民運動、障害者運動、ローカルユニオン、連合、社民党などの役員、活動家です。
 ●日時4月28日pm18:30/会場Lプラザ(札幌駅北口前)/主催「要宏輝講演会実行委員会」/演題「正義の労働運動を求めてー人間らしく生き働くために、手をつなぐ道を」
 翌日29日の「自由と生存のメーデー」にも参加してきます。雨宮処凛さんも参加予定でしたが、急遽韓国のほうに行かれるようです。また報告します。

4.28講演会チラシ

週刊金曜日、人民新聞が「連合大阪事件」の記事を掲載!

 連合大阪元副会長の要宏輝が提訴した、いわゆる「連合大阪事件」の記事が人民新聞3月15日号に掲載されました。
 記事の内容は、「企業批判はするな」「大企業労組に支配される連合大阪」との見出しで、①会社の偽装請負批判論文に会社に代わって抗議する松下電器労組の過剰な企業忠誠心、②企業批判をご法度とした連合大阪の検閲制度、を詳細に報道し、企業批判をしない労働運動など存在意義があるのか、と批判的疑問を呈しているというものです。
 また、「週刊金曜日」(4月3日 745号)には連合大阪訴訟や言論弾圧等の記事が掲載されています。