Site Network:

kanameさんのブログ

札幌に続く、自治労とゼンセンの「領土戦争」

私、要は総評時代、ゼンセンを「敵ながらあっぱれ」と評してきました。「数は力なり」の労働組合主義はおおむね一致しましたが、組合作りの手法は100%真逆でした。ゼンセンの起こした不祥事の御し方などは今の電力総連などは足許にも及びませんし、近江絹糸ほか総評以上に立派な組合も輩出しています。

袴田事件の再審決定、48年ぶりの釈放に想う

袴田事件の再審決定、48年ぶりの釈放に想う。・・大抵の一般人は自白強要の過酷な取り調べには耐えられない。取り調べの可視化もまだまだ不十分だ。冤罪を産む最大の原因は、「認めなければ何時までも釈放しない」(人質司法)という、法の目的とかけ離れた逮捕・拘留の運用がある。最も改革が遅れているのは検察と裁判所の癒着・一体化だ。起訴されれば99%有罪になる。

世間を欺いてきた、トヨタ労使の「自粛ベア2700円」

<2014春闘考・その一「トヨタ労使の世間を欺く自粛ベア」>:2002年の「トヨタショック」(好業績下のベアゼロ)がそれ以降の春闘「ベアゼロ」の歴史的流れを決めた。毎年、私は連合の中央討論集会で、ベア要求をせず、業績反映の賞与重視にシフトするトヨタ労使に対して、連合三役は指導できないのであれば恥を忍んで、せめて連判状を持って陳情に行け、と毎年繰り返し、提起した。

サクランボの花が満開


いま、我が家のサクランボの花が満開で、メジロが飛来して飛び交って
います。サクランボは世界的に利用されており、桜の花のことをCherry Blossom(チェリー=サクランボの花)と呼ぶ。サクランボはサクラ亜種で、日本に自生するものとしては5~7種類が認められる。これは私の知見ですが、実のなる花がBlossom、実のならない花がflowerと呼ぶようです。

久しぶりの労働講座。ユニークなカリキュラムで臨みます。

幹 部 養 成 講 座 
管理職ユニオン・関西/アルバイト・派遣・パート関西労組 共催

講師 要宏輝さん(元連合大阪副会長、元大阪府労働委員会労働者委員)

開催時期2月から6月の毎月1回(2時間)の計5回、第3土曜日の午後3時~5時、終了後1時間程度交流会

第1回(2月15日) 私の労働運動半生(総評全国金属~連合の40年余オルグの経験から)

2014春闘、いかに闘うか

2014春闘、いかに闘うか
____________________________________________________________________
一.14春闘をめぐる情勢をどう認識するか
1.デフレをどう見るか
2.アベノミクスで労働者の生活は良くなるか
二.14春闘の課題は何か
1.日本経済の「デフレ脱却」(マクロの課題)
2.生活防衛と賃金水準の引き上げ(ミクロの課題)
三.14春闘をどう闘うか

労働者派遣法の大改悪を許すな!

派遣法の大改悪が大詰めを迎えている!間接雇用禁止の五原則―①労働力を利用するものが使用者責任を果たす(直接雇用の原則)②使用者による均等待遇の原則(同一価値労働・同一賃金の原則)③労使関係の民主的形成(労働条件の対等決定の原則)④労働組合の結成・加入の自由(団結権保障の原則)⑤賃金の中間搾取の禁止の原則―が空洞化つづき、その総仕上げがなされようとしている。

なぜ、日本の賃金は下がり続けるのか=賃金下降の構造問題

1998年のバブル崩壊以降、上場企業の経営者は、銀行と株主からの挟撃、グローバル競争などによっていわゆる「六重苦」に悩まされた。下部構造にある子会社・関連企業は、発注単価の切下げ、協力金名目の徴収等で不利益を蒙(こう)むり、過酷なリストラ合理化に見舞われた。
●企業(とりわけ上場企業)の、「賃金引き下げ」の構造問題

秘密保護法強行採決は安倍政権の終わりの始まりだ!

バーナムの森は動いた
秘密保護法強行採決は安倍政権の終わりの始まりだ!

                    秘密保護法を廃案へ!実行委員会
                           海渡 雄一

1 参議院で法案採決される
 参議院本会議で、法案が可決されました。
 採決結果は、投票総数212、賛成130、反対82でした。

連合よ、秘密保護法反対の大衆行動に起つのは「今でしょ」

12/6、秘密保護法の参議院本会議の強行採決が迫っている、この期に及んでも連合が大衆行動に打って出ない。連合の執行委員会や三役会議でも議論が低調、というより「やるべし」という意見は極々少数で孤立してしまう状態だ。会長や事務局長から、やらない理由の確たる答弁もないようだ。会議が踊ってもいない(議論にもならない)。