Site Network:

懲りない連合東京、よりによって石原の後継=猪瀬を推薦!

それでも、連合東京は猪瀬支援を表明した。ブログ「村野瀬玲奈の秘書課広報室」は、12月7日に「労働運動の裏切り者、『日本労働組合総連合会(連合)』の、都知事選での態度」との見出しで、連合は「労働組合の風上にもおけない組織だということが改めてわかりました...。労働者を守らない陣営の人を支持する労働組合、って、悲しいです」とコメントした。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-3952.html

「自分の出身である会社の利益のためには、他の労働者をいくら犠牲にしてもよく、労働組合の理念よりも会社利益が優先する」との行動に対し、現役の連合役員から、特に自治労や日教組、私鉄総連など「平和フォーラム」に加盟する旧総評系の労組から批判の声が聞こえず、見えない。そんな組織にしてしまった自分たちOBの責任も大きいし、「連合」が瓦解する(すでに、自治労・教組等の排除が主張されている…)可能性も出てきたが、このままでは労働組合全体のさらなる退潮・失墜につながっていく。体調ゆえに身体を使っての選挙運動は困難だが、あと7日間、労働組合の良心と未来にかけて、都知事選挙について訴えていきたい。安部・石原・橋下を跳梁跋扈させてしまっているのは自分らの責任なのだ。