Site Network:

「反弾圧―戦後、生き延び、継続していた労働公安システム」をUPしました!

東京や大阪の労働公安事件の聞き取り調査を進めてきました。現状は、戦前の治安維持法の実際の運用さながらの状況で、ゆゆしき事態です。GHQの「人権指令」(1945.10)で特高警察は解体されたが、両輪の一方であった公安検察は見逃されて生き延び、特高は公安警察として復活していたのだ。労働公安問題は統治行為であるとはいえ、労働者が革命を起こすまで公安検察の暴走、公安司法の追随は止められないのか。そこで、最新のレジュメ
「反弾圧―戦後、生き延びていた公安検察、労働公安システム」をレジュメコーナーにUPしました。皆さんの闘いの一助になれば幸いです。写真は、東京での元東大社研の戸塚秀夫先生とのスナップです。