Site Network:

石原知事の「火遊び」で大火事となった日中紛争

 石原知事らの、エセ(中途半端な)右翼の火遊びの結果がこのざまだ。私もよく知っている鈴木邦男氏(一水会)は、「日本はアジア諸国に対し、弁解しようのない失敗を犯してきた。そこを認めずに日本は正しかった、悪いことはしていない、失敗を認めることは反日的だと言いつのり、・・・心の痛みが伴わない愛国心はフィクションにすぎません」(9.19朝日新聞「耕論」)とまで言い切っている。連合や民主党のなかには、旧民社党系という自民党よりも「右」のエセ右翼がうごめいている。彼らは、原発推進・原発再稼働をめざし、「南京大虐殺はなかった」と公言する。「非民主党」の代表選では野田首相支持を早々と打ち出し、権力に擦り寄るヌエ集団だ。
 日本も中国も格差問題でルサンチマンやリセット願望が渦巻いている。国内の矛盾を排外主義に転嫁したい、為政者の意図が見え見えだ。「19世紀の主権国家成立という近代以前、国境は明確ではなく、しかも権力は中心から外へ離れるほど弱くなっていく。ある種のあいまいな領域の存在が許容されていた」(中島岳志)のだから。島も陸地も地球も、元々は誰のものでなかった。「大地は人間の所有物ではなく、人間の占有物である」(マルクス)。