Site Network:

竜胆の 月に恥じたる 風情かな

竜胆の 月に恥じたる 風情かな
8月8日から、我が家の玄関で飼育していた鈴虫が鳴き出す。リーン、リーン・・冴えわたる夜半の月。働きに追われているときは、その風情のある鳴き声など気にもかけなかった。鈴虫が突然に鳴き出すのは、双羽が生えそろったからとか。よくぞ育ってくれた。また、節電対策に初めて植えた、窓際のゴーヤも夏の日差しをさえぎってくれるほどに育ってくれ、沢山の実をつけた。小さな庭先に種をまき、苗を植えたトマト、胡瓜、紫蘇、オクラ・・・実りを食す感動を初めて味わう。この秋口には、待っていたようにインゲン豆が実をつける。「土こそ命の源泉」と思い知り、世相の憂さから離れられるひと時だ。少し季節外れの一句、「竜胆(りんどう)の 月に恥じたる 風情かな」。