Site Network:

論文・著書

<論文>


「『非正規』という言葉を一掃する社会へ 労働立法の動向と労働側の取り組み課題」(現代の理論12号掲載、2017年5月)


安倍政権の労働政策「同一労働同一賃金」にどう立ち向かうか(2017年2月)


連合に鳴り響くのは弔鐘か、「産業報国会」の号砲か(2016年7月)


2016春闘、いかに闘うか!(2016年2月)


改定・補強版 ユニオン幹部・活動家養成講座テキスト(2015年11月)


断罪された、「橋下流」組合攻撃―橋下市長の法的断罪から、次なる政治的断罪へ!―(2014年11月)
現代の理論デジタル版に掲載されました。


「ユニオン幹部・活動家養成講座テキスト」(2014年6月)


「2013春闘、いかに闘うか」(2013年2月)


「『生活保護を上回る』最低賃金へ――その『イロハ』と決定の仕組み」(大阪労働者弁護団・最賃学習会 2012年7月23日)


考察「現代企業別組合論」(「職場の人権」、2012年2月18日)


「連合の構造問題と運動変革—正義の労働運動ふたたび・最終章」(第232回政経フォーラム、2009年9月30日)


救いはユニオンのなかに!大量の「派遣切り」に転じた製造業の「2009年問題」(月刊労委労協2009年1月号掲載)


究極のコストパフォーマンス「雇用のない経営」-拡がる偽装請負・偽装雇用の「労働法のない世界」(シリーズ・新しい社会政策の課題と挑戦第2巻「ワークフェアー排除から包摂へ?」法律文化社)


連合よ、正しく強かれー連合労働運動の過去・現在・未来(「現代の理論2009年春号」掲載)






<著書>


いのちを守る労働運動──最前線9人の証言
設楽清嗣・高井 晃 編 
発行 論創社
発行年月 2010年7月
定価 1,800円(税込)

ご購入はこちらとかこちら




<シリーズ・新しい社会政策の課題と挑戦第2巻> ワークフェア 排除から包摂へ?
編著 埋橋孝文
発行 法律文化社
発行年月 2007年11月
定価 3,465円(税込)

ご購入はこちらとかこちら




正義の労働運動ふたたび 労働運動要論
著者 要 宏輝
発行 アットワークス
発行年月 2007年10月
定価 1,890円(本体1,800円+税)
*2008年度 労働ペンクラブ賞受賞。

ご購入はこちらとかこちら






倒産労働運動
大失業時代の闘い方、生き方
発行 柘植書房
発行年月 1987年1月
総評全金大阪「更生法交流会」編著/熊沢誠解説



















救いはユニオンに!自立支援の労働相談
ケース・スタディ「労働相談・精選25題」
発行年月 2014年11月

クリックすると中身が見れます