Site Network:

最後の職革=樋口篤三さんの遺稿集、おまたせ刊行

 先にご案内の、樋口篤三さんの遺稿集が刊行されました。「革命家・労働運動家列伝」(第一巻)、「オルグ・労働運動・戦略」(第二巻)、各2000円、同時代社刊。天皇家の「日本史」や改竄された「党史」、いわゆる「正史」は存在するが、国や党のために死んだ戦士の「民俗史」はない。この、樋口篤三の遺稿集第一巻「革命家・労働運動課の列伝・追悼集」はその民俗史でもある。24プラス1名の評伝や追悼文を搭載している。17才で山村工作隊、吹田・枚方事件を闘った故・脇田憲一さん(履歴は大阪総評オルグほか)は樋口さんのことを、「20世紀後半から21世紀に橋を架けた日本の革命的オルガナイザーを二人選ぶとすれば、私は躊躇することなく東の樋口篤三、西の上田等を挙げるだろう」(同時代社刊「樋口篤三さんの見果てぬ夢を語り継ぐ」p173)と追悼している。近日中に遺稿集を写真でUPして、詳細にご案内します。