Site Network:

「連合大阪事件」の裁判が始まりました

 いよいよ、裁判が始まりました。昨日、3月12日「連合大阪事件」の第一回期日に、弁論の手続きが大阪地裁608号法廷で行われました。連合大阪からは山本・坂副事務局長、代理人弁護士として名前も顔も知らない、連合大阪法曹団のメンバーでない(この一月、要が在籍当時の法曹団名簿にはない)三名が出てきました。我が方は、証人調べ、証拠調べでもない、15分程度の短時間で終わるので「動員」はご遠慮申し上げていたのですが、おんな労働組合、港合同そして友人といった10名余の方が傍聴参加していただき、感激いたしました。連合大阪相手の個人争議ですが、「私は一人だけではない」とつくづく思いました。
 連合大阪の答弁書は事実関係は大筋で認め、「そのつもりではなかった」という、瑣末な言い訳に終始していました。連合大阪の「主張」は「次回」ということでした。次回は連休明けの5月7日16時30分、大阪地裁608号法廷です。不法行為を繰り返しながら謝罪も反省もせず、今まで逃げ回っていた連中を公に「査問」でき、連合運動が少しでも「まとも」にできると思えばやりがいがあります。