Site Network:

「連合大阪事件」の答弁書が出る

3月2日、要が提訴した「連合大阪事件」の被告連合大阪の答弁書が大阪地裁に提出された。肝心の事実関係では「否認」「不知」で逃げを打ち、、瑣末な言い訳に終始している。主張が全くなく、かっての身内の答弁書としては物足りない。しかし、徹底的に争うとのコトです。しかし、独立した存在でもなく、東京本社(連合中央)の大阪支店の分際で、かってに訴訟をつづけて敗訴し、歴史的汚点を会社に残すことを本社の役員会が黙ってやり過ごすのでしょうかね。大阪支店の判断が甘い!