Site Network:

大阪総評の最後の議長岡本知明さんの偲ぶ会が開かれました。

3月4日午後5時から、大阪総評の最後の議長岡本知明さんの偲ぶ会が開かれました。私も追悼集に「豪放磊落にして機略に富んだ大物」との一文を献じました。岡本さんのような大物がいなくなり、指導者の劣化が進み、労働運動が衰退し、日経連が消滅し、労働省が縮小し・・・寂しいかぎりです。松下電器の高畑敬一氏も「大物」ですが、彼も出席し、会社に請われて、当時の松下の組合を牛耳っていた共産党系をパージした自慢話を披露していました。60年代の、皆がよく知ってる話しです。
当日は200名あまりの人の参加で盛況でした。大阪総評時代の先輩らもたくさん参加していて、皆、「連合大阪事件」のことを知っており、私は過分な激励を受け、意を強くしました。皆、コトの是非をよく分かっており(総評の仲間なら当然!)安堵もしました。