Site Network:

民主党が原発を参院選の第一の争点にしないのがおかしい!との、小泉元首相の発言に応える

「野党第一党の民主党が原発を参院選の第一の争点にしないのがおかしい!」、この小泉氏の発言は正しい。なぜ、民主党にそれができないか。それは、連合傘下の、まずは電力総連(民主党議員に原発賛成か反対かの「踏み絵」を突き付け、どけ座までさせた!まさに「人格侵害」罪!)はじめ、電機(原子炉を納入)・鉄鋼(配管パイプ等特殊鋼を納入)・造船(核廃棄物輸送船他)・JAM(格納容器・バルブほか納入)・運輸(核物質の陸送など請負)、その他多くの会社・組合が原子力ムラにかかわる事業をしている。私は、原子力がらみの組合役員に対して、前々から、所属の個別企業の利害を優先するのなら、連合や産別の役員などしないで企業内組合の役員に甘んじるべきだと言い続けてきた。彼らは何のために、ナショナルセンターの役員の末席ならぬ、三役などの「エリート役職」を占有し続けているのか?何のことはない、己(おのれ)と自社のためなのだ。連合・産別等の役職ランクによって、彼らは会社役員待遇を受け、定年後の「うまいコース」も担保・保障されているのだ。連合のスローガンや「言うこと」「書くこと」はまま、立派だが、実践はすべて欺瞞だ!正社員組合員は労使に縛られて、真実を発信し、正義の行動ができない。その、主要な領域はまさに御用組合、ドレイの世界だ。