Site Network:

大阪の「不幸せ=府市合わせ」のダブル選結果について

大阪の「不幸せ=府市合わせ」のダブル選結果について。「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」とは野村監督の言葉ですが、負けるべくして負けた、その理由は単純なことでみなさんも思ってるとおりです(略)。元をただせば、橋下という「モンスター」を生み出したのはマスコミでも(昔から)タレント好きの大阪のおばちゃん族でもありません。当時の連合大阪のアホな役員が太田房江知事に「引導」を渡したのが始まりです。太田知事は食肉の帝王から100グラム1万円もする牛肉を1キロ(10万円)も土産にもらったり、大酒飲みで(シャープの臨海工業地帯への誘致以外に)大きな仕事もしなかった。しかし、悪いこともしなかった。橋下知事・市長のように本邦初の退職金10%カット、47都道府県で最低の賃金にするといった公務員バッシングもしなかった。連合大阪は「反橋下」の府労連・市労連の闘いを支援せず、見殺しにした。今回のダブル選でも組合員のフダ(票)はほとんど動いていない。・・戦略・戦術もなく、まともな労働運動もしない、ちゃんとした総括もしない。組合員が付いてくるはずがない。