Site Network:

「真っ赤なウソ」と言われるが、ウソはなぜ赤いのか。

「真っ赤なウソ」と言われるが、ウソはなぜ赤いのか。政治のウソは必ず「血」を要求する。だから、大ウソを「真っ赤なウソ」と言う。戦争法案は、「違憲」であるにもかかわらず、「合憲」と言い募り、「自衛隊員の死のリスクはない」「戦争に巻き込まれることはない」といった安倍首相の「大ウソ」によって成立しそうだ。戦争は、防衛を名目に始まる/戦争は、兵器産業に富をもたらす/戦争は、直ぐに制御がきかなくなる/戦争は、始めるよりも終える方が難しい(自由と平和のための京大有志の会声明、7/19朝日新聞)。政府のついてきた大ウソに原発もある。原発は「安全」「安い」「クリーン」なエネルギーと国民を信じ込ませてきた。三つの大ウソの果てに未曾有の大事故を起こし、多くの犠牲者や12万人の原発難民を生み出した。核のゴミは何万年先まで負の遺産となって子々孫々を苦しめる。アベ政権は原発再稼働と戦争できる国の二つの「滅びの道」を選択した。