Site Network:

今日の、ホットな、要の闘争日誌

1.「連合大阪事件」(要の命名)の裁判の第一回期日が最終的に決まりました。第1回期日は,被告の方から変更の請求があるかもしれないと思い,当方の井上二郎代理人が相手方代理人の藏重弁護士に変更の予定があるかどうか聞いて見ましたら,「今のところ,変更の請求の予定はない」とのことでした。第一回期日は3月12日午後13時10分,法廷は608号法廷です。係属部は大阪地裁第5民事部単独4係です。なお、当日は弁論手続きがテーマで10分~15分程度で終わります。証人調べ等の公判日程は追ってご案内させていただきます。
 1-(1)「連合大阪事件」は組織を相手取った訴訟で、何の落ち度もない川口清一会長は気の毒です。が、「前社長」や「現専務」らのやった悪行を司法にゆだねることなく、大岡裁判よろしく裁くこともできたのに・・・残念です。私はこれまで権力に仲間を売ることはおろか、敵対勢力すら売ることはしておりません。それほど、「前社長」や「現専務」らのやった非違行為がひどかったということです。 
1-(2)「連合大阪事件」の相手方代理人が決まりました。連合大阪法曹団の代表幹事、蔵重弁護士で、私の本「正義の労働運動ふたたび」の推薦人の一人です。弁護団長は鎌倉弁護士で総勢6名です.
1-(3)相手方の連合大阪の答弁書(3月2日付)が出てきました。坂副事務局長のドラフト(下書き)で、迫力のない、言い訳に終始したもので、心配したとおり「虚偽」の事実も散見できます。通常の答弁書は「こんなもん」かもしれませんが、主張もなく、「身内」の答弁書としては物足りない。

 
2.1月末で退職し、少しはゆっくりしようと思っていましたが、2月に講演が四つ入ってしまいました。</font>JAM関係、全国一般関係、JR関係、地域労働運動関係の集会です。北海道でも講演予定が入りそうです。思う存分、いっぱい喋りまくります。私の基本スタンスは「連合よ、正しく強かれ」です。分裂の血を流して参加した連合が大企業の手代・悪代官に占領されてたまるか、の気概です。
JAM大阪からは規約違反の特別執行委員の「役職切り」(2007年大会)、連合大阪からは不当弾圧と忌避・排除(2006~2009年)。JAM大阪と連合大阪の統制の鎖が切れた私の発言・発信は野に放たれた虎(?)の正義・大義の咆哮!これで、中坊公平弁護士ら「連合評価委員会」が求めた方向に連合が変わってくれたらとのぞむのはせん無いことでしょうか。

3.「現代の理論」の春号に、連合運動の総括に関わる論文を執筆中です。笹森前会長も書かれるようです。乞う、ご期待。

4.2月12日に取材を一社から受けました。これは掲載をもって、近々にご案内ということにさせていただきます。次いで、2月19日には日本最大の新聞から取材を受けます。この「裏取り取材」も連合大阪は「裁判中ですのでノーコメント」でやり過ごすのでしょうか。しかと対応していただきたいものです。組合員や世間も注目しています。今日3月4日、左翼系の人民新聞社から取材を受けます。

5.連合大阪役員の出版妨害もあり受難の出版だった「正義の労働運動ふたたび」(アットワークス刊)が「2008年度日本労働ペンクラブ賞」を受賞し、2月26日午後6時より難波の道頓堀ホテルで、「日本労働ペンクラブ賞受賞記念の集い」が開催されました。当日は103名もの友人や支援者が集いました。詳しくはビデオを編集して近々に報告します。

6.3月4日午後5時から、大阪総評の最後の議長岡本知明さんの偲ぶ会が開かれました。私も追悼集に「豪放磊落にして機略に富んだ大物」との一文を献じました。岡本さんのような大物がいなくなり、指導者の劣化が進み、労働運動が衰退し、日経連が消滅し、労働省が縮小し・・・寂しいかぎりです。松下電器の高畑敬一氏も「大物」ですが、彼も出席し、会社に請われて、当時の松下の組合を牛耳っていた共産党系をパージした自慢話を披露していました。60年代の、皆がよく知ってる話しです。
当日は200名あまりの人の参加で盛況でした。大阪総評時代の先輩らもたくさん参加していて、皆、「連合大阪事件」のことを知っており、私は過分な激励を受け、意を強くしました。皆、コトの是非をよく分かっており(総評の仲間なら当然!)安堵もしました。