Site Network:

ユニオン幹部・活動家養成講座テキスト完成

ユニオン幹部・活動家養成講座テキスト 
●カリキュラム(全五回)
http://kaname.news.coocan.jp/files/kouza_text2014.pdf
第1回:私、要宏輝の労働運動の軌跡
(総評全国金属~連合の40年余オルグの経験から)
第2回:実践「労働相談」と労働局活用の勘所
  (連合大阪労働相談員・和歌山労働局総合労働相談員の経験から)
第3回:武器として労働法、手段としての労働組合
(要流「労働組合原論」)
第4回:労働運動の砦=労働委員会を活用する
(大阪府労働委員会労働者委員7年の経験から)
第5回:労働運動に未来はあるか―救いはユニオンに!
(合同労組=ユニオンの過去・現在/港合同の組織と闘いのエッ
 センス/連合労働運動の総括)
補 論:労働運動の過去・現在・未来

<附属資料>
 1.厚労省「平成24年度個別労働紛争解決制度施行状況」
 2.ケーススタディ「労働相談」(精選24題)
 3.大阪府「不当労働行為企業排除制度」に関わる文書(2点)
 4.厚労省「企業規模別(民営企業)労働組合員数」(2013年)
 5.大阪労働者弁護団「労働法制改悪に対する反対声明」(2014.4.8)

●講師:要 宏輝(元連合大阪副会長・元大阪府労働委員会労働者委員)
略歴:総評系労働組合(全国金属ほか)オルグ40年、大阪府労働委員会労働者委員7年、連合大阪労働相談員10年、厚生労働省和歌山労働局総合労働相談員3年/70歳(2014年2月現在)/「パナソニック偽装請負批判論文弾圧」「出版妨害」「大阪府労働委員会委員再任妨害」「不当労働行為企業モリタへの連合大阪伊東会長謝罪事件」の四件の連合大阪訴訟原告(2009.1~2010.8)
主な著作:編著「倒産労働運動―大失業時代の闘い方、生き方」(柘植書房、1987年)/単著「正義の労働運動ふたたび」(アットワークス、2007年、労働ペンクラブ賞受賞)、他
(2014年7月12日作成)