Site Network:

袴田事件の再審決定、48年ぶりの釈放に想う

袴田事件の再審決定、48年ぶりの釈放に想う。・・大抵の一般人は自白強要の過酷な取り調べには耐えられない。取り調べの可視化もまだまだ不十分だ。冤罪を産む最大の原因は、「認めなければ何時までも釈放しない」(人質司法)という、法の目的とかけ離れた逮捕・拘留の運用がある。最も改革が遅れているのは検察と裁判所の癒着・一体化だ。起訴されれば99%有罪になる。最近、労働公安事件でも一年を越える不当な長期拘留が起きている。戦後、GHQの「人権指令」で特高警察は解体されたが、どっこい、思想検察は生き延びている。秘密保護法もできたし、怖い話しだ。