Site Network:

連合よ、秘密保護法反対の大衆行動に起つのは「今でしょ」

12/6、秘密保護法の参議院本会議の強行採決が迫っている、この期に及んでも連合が大衆行動に打って出ない。連合の執行委員会や三役会議でも議論が低調、というより「やるべし」という意見は極々少数で孤立してしまう状態だ。会長や事務局長から、やらない理由の確たる答弁もないようだ。会議が踊ってもいない(議論にもならない)。連合のHPの事務局長談話(11/29)では、同法による労働組合の活動の委縮・自粛の懸念が述べられているが、同法の成立以前にわが連合は委縮・自粛の域に達し、「眠れる豚」の状態だ。連合の社会的役割発揮は「今でしょ」なのに。私も連合に「愛の鞭」をふるってきたが、内部からの改革=リセット願望はぼつぼつ限界かなと観念する時期が近づいている。この老人を絶望させないで。