Site Network:

靖国神社に英霊は帰らない!

靖国神社に英霊は帰らない!英霊にもし声あらば言ふならむ「靖国になど帰るものか」(8/15朝日新聞「声」欄投書の短歌)。太平洋戦争の日米両軍の死傷者数を比べて、なぜか日本軍は戦傷者に比べて戦死者が極端に多い。日本軍の戦死200万・戦傷7万に比べ、アメリカ軍の戦死9万・戦傷19万。理由は簡単、圧倒的に国力の勝る国と戦争をして、いくら負けても降伏を許さなければ当然の結果として戦死者数が膨大なものになる。武器弾薬は欠乏し食糧もなくなって人肉食にまで追い込まれ、ジャングルの中で朽ち果てた。重傷者、重病人は自決を強要され、自決も出来ない重症のものは味方の兵隊に殺された。戦死者は本来の戦闘死よりも餓死がほとんどだった(ニューギニア等の南方戦線やインパール作戦など)。死ぬのが目的の「バンザイ突撃」で「集団自決」もあった。・・・こんな、酷(むご)く理不尽な死に方を強いられた「英霊」が本当に「靖国に帰りたい、祀(まつ)られたい」と思うはずがない。短歌の通りだ。
首相や閣僚がどれだけ国内外から批判されても靖国参拝を続けるのは、権力者が支配体制を維持するための核心的行為だからである。「靖国神社への反対は死者への冒涜だ」「遺族の気持ちを踏みにじることになる」というがあまりにも皮相な批判だ。靖国神社は戦没者一般を祀る場所ではなく、天皇のために死んだ者だけが選ばれ、「英霊」として一まとめに祀られている。さらに軍人恩給(注:恩給金額は階級や従軍期間、その危険性によって格差があり一概に特定できない。二人の子供を戦死させた遺族が数百万円受給しているとか、通常の年金がカットされているが恩給は増額されているとも仄聞する)が支給され、その受給資格は三親等まで続く。靖国や軍人恩給・遺族年金などは、戦前の戦争を正当化し、改憲で「戦争ができる国家」になった時、真っ先に戦死する自衛隊員(国防軍)、徴兵制のためにも必要不可欠な制度なのだ。
「せめて台湾先住民族などの軍属のひとたちや、夫返せって裁判されたキリスト教徒の女性のお連れ合いさまだけでも返して差し上げて…。あれ(要注記:靖国神社への合祀)は拉致監禁です。幽閉です。あんまりだ。」←これはFbの私の書き込みに寄せられた、切実なコメントだ。まさに痛み入る話しで、戦死者の沈黙をよいことにその尊厳を踏みにじるばかりか、悪質な政治利用というほかない。「憲法違反の靖国をぶっ潰せ」と公言する政党がいないのが不思議だ。共産党も民主集中制(プロ独)を維持したいからか、天皇制を認容してしまった。靖国問題が片付けば、中韓との間の大きなトゲがなくなり、関係正常化も一挙に進み、グローバル企業のカントリー・リスクもなくなるのに。安倍や維新の会がまき散らす害毒もハタ迷惑な話しだ。
<注記:●日本陸軍:戦死1,450,000、戦傷53,028 /日本海軍:戦死437,934、戦傷13,342、●アメリカ陸軍:戦死41,322、戦傷129,724 /アメリカ海軍:戦死31,484、戦傷31,701 /アメリカ海兵隊:戦死19,733、戦傷67,207 >