Site Network:

いただいたメッセージ



TAG index Webサイト






たまたま故「樋口篤三」氏を検索していて、ここに。、

樋口氏で思い出すのは、昨年の3月以降”小沢バッシング”の際にネット有志による『6・4鈴木宗男フォーラム』開催でした。「俺の名前を使っていいよ」と言ってくれ、「今の日本左翼はどうしようもない」と嘆いて”小沢一郎”をそれなりに評価していたこと。『さざなみ通信』さん同様に。
それと、フランスの今の若き左派リーダー(34歳の郵便局員):「反資本主義新党=NPA」ブザンスノ氏の動きにも興味持ってくれたのは、≪闘う左派の統一戦線≫を願っていたからと思います。

日本の”闘わない・名ばかり”労組の問題は、公務員と大企業が”労・使一体となって”労働者・国民を支配してること。旧社も共産も新左翼?も実態は”公務員や大企業という身分安泰世界”の縮図です。
それを批判的に考えさせてくれたのは、皮肉にも元自民・保守の小沢一郎がいうところの「55年体制」問題でした! ”官僚政治・打破”を共・社民・新左翼は誰も言えず、未組織労働者や非正規雇用、ホームレス問題に労働組合は力を発揮せず、NPOの人達が支えるという”上から目線の官僚主義組合”の問題です。
「それぞれの場で、それぞれの役割で」連帯して、、、頑張って下さい。
(田村秋生/自営業(元自治労活動家))


TAG index Webサイト





ヤマダ電機個人闘争時に息子のように、激励していただいた私、お近くに自宅があり、夜中まで、相談に乗っていただき感謝しきれません、がんばってください。
日本の、また世界の労働者に力を御貸しいただきたいです。
現在仕事、探ししていますが、断りの手紙が40枚以上、疲れてきています。
今企業は、人材選別か、労働運動した人間の差別が必要か。記録にしていませんが、ヤマダの人事顧問のお前三度目は許さん、耳に焼き付いています。要さん頑張ってください、労働者に光を、経営者と平等の世界みなさんで。私も応援しています、またパソコン不調すぐ見に行きます。
(栗生)


TAG index Webサイト





金属機械時代にお世話になりました金属機械本部にいました小林秀行と申します。
この度週刊金曜日の記事を拝見し、いてもたってもいられずメッセージをお送りします。

連合が「労使協調」を謳ってからというもの、本来であれば組合員の目線で取り組まなければならない労働運動が何故か企業との癒着ばかりが目立つ運動へと変わっているように見えてなりません。
大企業が偽装請負を内部で行っていながらマスコミでもあまり公にならないのは、政官業の癒着に加えてスポンサー企業のご機嫌を伺う大マスコミによる報道自粛が更なる「利権・談合・共産主義」の流れを助長しているように思われます。
そして労働者を守るべきナショナルセンター・連合まで……。
言い方が強烈になりますが「どいつもこいつも腐ってる」と感じざるを得ません。

私は要さんの「正義感」を遠方からですが応援していきます。
もし関東近県で講演会が行われるようでしたら是非参加したいと思っています。
機会あれば是非大阪でお話が聞けたらとも考えています。

相手は巨大勢力ですが、本当に日本に「正義」があるのであれば要さんの運動を国民は温かい目で見てくれると信じています。
是非勝利に向けて頑張って下さい!!
(小林秀行/フォトジャーナリスト)


TAG index Webサイト





こんにちわ。要様、お礼の方遅れまして申し訳ありません。

大阪ウニタ特命係長、あらしどくまむしこと滋賀県近江八幡市在住の石井友樹と申します。ブログ、リンク紹介していただき誠にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
私は、連合傘下の自治労滋賀県本部を不当懲戒解雇をされた清水潤子さんの呼びかけ人として、清水さんの裁判闘争の応援しております。

詳細と概要は、(http://shimizukai.exblog.jp/ )にて、
紙芝居つきのyou tube動画を見ていただけたらと思います。 

今、労働者の権利を守るべき運動に先頭に立って、働かなきゃいけない組織が、政権交代の千歳一隅のチャンスであるこの時に、こんな失態は百害あって一利なし、自己総括すべきだと思います。
既存の労働組合の組織優先意識、既得権益防衛は、労働者への裏切りでしかないと思います。
折々に何かできることがあれば、イベントに参加したいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
(あらしどくまむし/大阪ウニタ書舗 http://osaka-unita.at.webry.info/


TAG index Webサイト






私より4歳年上の、要さんの正義感と勇気に敬意を表します。

要さんの事は、札幌地域労組の鈴木書記長が発信されたものを同労組の村田さんから、私の方に連絡がありました。
何年か前に、札幌地域労組が連合北海道の大単産に要さんと類似する仕打ちを受けていた気がします。
総評から、連合に変わり労働運動が「死に体」と言われるほど後退をしてしまいました。
労働者派遣(供給事業的に)法が、いとも簡単に復活した起因だと思っています。
要さんが、発信していることの意味を、連合傘下の多くの人たちに理解して欲しいものです。
私も、微力ですけれど、北海道釧路の地から応援させていただきます。
(釧路の社民党)


TAG index Webサイト





要さん、はじめまして。連合や全労連などの体制内労働運動が、全労働者の対象のリストラの闘いを法律の枠内に抑え込もうとしています。
分会は、管理職の一部による暴力や労働組合を嫌悪した非正規労働者の雇い止め、世界経済の危機を利用した工場の事業縮小と闘っています。
分会が支部と団結して、ストライキを含めた闘いで春闘を勝ち取ることと連帯して、要さんの連合大阪の名誉起訴の裁判の勝利に期待しています。共に闘って行きましょう。
(谷秀樹/関西合同労働組合泉州支部ミヤガワ分会 分会長 http://blogs.yahoo.co.jp/budou102000/


TAG index Webサイト





わたしも連合組合員です。
連合について、問題点は感じておりました。要さんのほうが、幹部より、忠実に指針を実行しておられたと思います。
http://www.news.janjan.jp/living/0902/0902046814/1.php
に、今回の要さんの行動をご紹介させていただきました。
専従の立場でよく、踏み込んだ行動をされたと思います。
わたしも、連合について、問題点はこれまで指摘し、足りない部分は提起してまいりましたが、あくまで、一般組合員で、要さんに比べれば、気楽な立場です。
日本の労働運動が、正しい方向へ変るよう、大阪と広島、場所は違いますが、がんばりましょう。
(さとうしゅういち/広島瀬戸内新聞主幹 http://hiroseto.exblog.jp/


TAG index Webサイト





「正義の労働運動」読みました。
文章は簡潔で読みやすく、論旨は明快、一気に読ませてもらいました。連合大阪を提訴することになった問題の論文。ずばり核心をついた問題提起。これがなぜ問題になるのか、不思議でなりません。大組織の労働組合は死滅しつつあるのでしょうか?問題にした当該大労組、謝罪した連合大阪。その主張を、裁判過程を通じて知りたいと思います。労働組合運動に25年携わったものとして、閑暇できないと考えています。社会問題化した派遣切りは、労働組合の恥。自己のために多くの劣悪な社外労働者を生み出し、今またその首切りを容認する今日の労働組合の姿には、怒りを禁じ得ません。裁判には多大な労力/エネルギーを要しますが、がんばってください。応援させてもらいます。
(木村正孝(KIMURA)/地下水未来代表&まちづくり研究所&NPO法人環境安全センター理事 http://www4.atwiki.jp/chikasui/pages/11.html(地下水未来・市民ネット)


TAG index Webサイト





要さんの、行動とお考えを全面的に支持します。
「正義の労働運動ふたたび」の訴えに感動しました。今、もっとも求められていることだと思います。お嬢さんもステキ!お父さんの背中を見て育ったのでしょうね!北の地においても、要さんに連帯してがんばります。
(山口たか/社民党北海道副代表 http://park3.wakwak.com/~sdp.hokkaido/taka.html


TAG index Webサイト





お嬢さんから「応援ありがとう」とのメールをいただき、恐縮しています。
町田有三さんも応援するとのこと(前田裕晤さんから聞きました)。
私も連帯して動きますので、できることがあればお知らせください。
とりあえず私も主催者の一員である現代労働運動研究会で、事実関係をアピールしようと思っています。
(江藤正修/レーバーネット会員)


TAG index Webサイト





昨年9月コニュティユニオンの分科会でお会いしました。
村田です。分科会の要さまの発言に対し、真意を理解せず当方の発言、失礼いたしました。吉岡氏への、(旧社名)松下電器の偽装の対処は、社会の公器たる企業倫理上許せませんし、今困っている同じ労働者の視点を持たない、松下労働組合に対しても不満です。松下からパナソニックに社名が変わり、松下幸之助社主の従業員を大切にした会社から、普通の会社になりました。
(村田 進/札幌管理職ユニオン)


TAG index Webサイト





ご奮闘に心より敬意を表します。
私は今複数の労組に加わる中で、組合活動を行なっているものです。
主たる組織の上部団体は全労連でありますが、今最も重要なことは上部団体の如何を問わず、組合活動のひとつの基本である一致する要求での闘いが求められているのではないか、ということです(言う程に簡単ではありませんが)。闘う「連合」として軌道修正が叶うのであれば幸いです。応援させて頂きます。
(まんじろう=いりの/東京介護福祉労働組合世田谷・狛江支部支部長)