Site Network:

都議選の結果に一喜一憂することなかれ

 都議選は自民・公明の圧倒的な勝利で残念な結果だった。 維新の惨敗と共産党が17議席に倍増したことはよかったが、「東京新聞」の党派別得票数(下記)をみて、そう単純でないことがわかった。 以下のとおり自民は得票を増やしたものの、公明党は得票数を11万減らし、共産党は得票数を9万減らしている のだ。いずれも14%、13%と得票率が高かったのが、議席増になったようだ。昨年12月の衆院選の投票率は59.32%で戦後最低。先日の都議選は43.5%。浮動票が大きく棄権してしまっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>    得票数(前回→今回) 得票率(前回→今回)
> 自民  145万→163万     25%→36%
> 民主   229万→69万     40%→15%
> 公明   74万→63万     13%→14%
> 共産   70万→61万     12%→13%