Site Network:

アホな連合大阪の幹部が世に送り出した、右翼ゾンビ「西村眞吾」に誰が引導を渡すのか

 西村眞吾は過去、国会議員も弁護士も失格として烙印された人物だ。それがゾンビのように復活していること自体が不思議だ。1992.7、当時は無名、弁護士としての何の実績もなく、仕事もなく、昼間に大阪城公園でジョギングして時間を潰していた西村は、当時の連合大阪の幹部(同盟・民社党系主導)に担がれて参議院大阪選挙区から出馬(社会党・民社党・社民連推薦)して落選したのが政治デビューだ。くそ暑い天神祭のとき、善良な組合員は動員されて、駅頭でビラまきをしたものだが、その時の候補者西村が超「エセ右翼」だったとは誰も知らなかった。連合の候補者にふさわしいかどうか、西村に見識(常識)があれば、容易に判断がつく話しで辞退すべきだった。西村は連合組合員を欺き、その後も議席を簒奪し続けた。旧同盟系の労働組合は、そんな西村にエールを送り、応援団を続けた。西村はそんな同盟系の組合員をとりこむパフォーマンスはうまかった。西村をここまで跋扈させ、生き延びさせた責任は、連合大阪、旧同盟系組合のあるというほかない。せめて、連合大阪は「西村糾弾声明」を発すべきだ。
 1999.11、辻元清美議員に対して「お前が強姦されとってもオレは絶対に救ったらんぞ」と公言し、議員辞職勧告決議案が通った。2005.11弁護士法違反で逮捕、懲役2年・執行猶予5年の判決を受けて、弁護士資格を剥奪された。現在、衆議院6期を務め、そして今回の「放言」事件である。「征服は他国の女性を強姦し子供を産ませること」「防衛は大和撫子を他国の軍隊の強姦から守ること」が持論の西村、そして今回の発言「売春婦はまだ日本にウヨウヨおるぞ。大阪の繁華街で、お前、韓国人売春婦やろ、といってやったらよろしい」。今回こそは、迷えるゾンビ西村にとどめを刺し、往生させなくては。敵のエラーで、国会での辞職勧告決議案で精一杯か。民主党政権崩壊後、左翼の姿が見えないのが、つらい、情けない。