Site Network:

橋下市政、チェック・オフ訴訟は勝ち(最高裁)、職員アンケート事件は負け(府労委)

 最高裁は、大阪市チェック・オフ廃止条例処分取り消し請求訴訟を上告棄却(2013.2.5)にし、一方、大阪府労働委員会は、大阪市が実施した「政治・組合活動に関する職員アンケート」は労働組合法が禁止する不当労働行為に当たるとして「今後はしない」とする誓約文の手交を命令(3.25)した。そこで、昨年の週刊朝日10.26号事件の顛末についてfacebookに書いたコメントです。
ーー橋下の組合つぶしの手法も許せませんが、今回の「ハシシタ」事案は先の「小沢つぶし」の手法が見え隠れします。朝日新聞はまっとうな橋下批判を展開してきていました。週刊朝日を出版している朝日新聞出版は「お詫び」を今朝の朝刊に載せています。永山は死刑囚でしたが、橋本も憲法99条違反、労組法違反などの違法行為者ではないですか。なぜ、擬似ヒトラーのような政治家が生まれてきたのか、そのエセ・ヒトラーの死後ではなく、その属性・社会的背景等を生前に考察を試みることも労働者・国民を惑わせず、不幸にさせないために意味あることではないでしょうか。元々、橋下やノックといったタレントを選ぶ、愉快犯的・うっぷん晴らし的選挙行動に走る習性をもった大阪の選挙民が第一の問題なのです。