Site Network:

5年前の、拙著を注文してくれた活動家がいました。ありがたい限りです。


出来れば献本してあげたいのですが、2007年にワンロット・2000冊の初版でしたが、手元には保存用をのぞいて一冊もありません。現在の労働運動状況を見る限り(本当は再版すべきかもしれませんが)、その勇気はありません。いま、連合大阪訴訟事件を中心に「連合よ、正しく強かれ」(仮題)を出版企画中です。連合が果たした役割は労働運動の「御用化」「ノンポリ化」です。連合は大企業労組と公務員労組中心ですが、電力、電機、公務員の大労組も受難の時代を迎えています。自分で労働運動を弱くしていったからです。大企業は隠しベア・隠し一時金の非連帯行為、偽装請負の不法行為、国鉄ではゴマをするものがJRに採用されるといった不道徳行為を行った。1980年代から労働組合は既得権益団体になり、労働界も不道徳社会となった。「労働運動の再生は社会の再生」と心して頑張らなければ。