Site Network:

知らなすぎる、「北朝鮮の核問題」事情

小出裕章さんの論考「朝鮮の核問題」より。
「朝鮮と米国の間では依然として停戦協定があるだけで、戦争状態が続いている。その一方の当事者である米国は、核兵器、生物兵器、化学兵器、大陸間弾道ミサイル、中距離ミサイル、巡航ミサイル、ありとあらゆる兵器を保有し、自らの気に入らなければ、米国は、国連を無視してでも、他国の政権転覆に乗り出す国だ。そうした国を相手に、戦争状態にある国が朝鮮であり、武力を放棄できない事など当然であるし、核を放棄するなどと表明できないことも当然である。」小出裕章さんの論考「朝鮮の核問題」(2003年6月14日)