Site Network:

要宏輝のWebサイトにようこそ!

アベノミクス考:企業・国家・国民、三つの経済主体の皆が得すれば結構なことだ。国内立地のごく一部の輸出企業のみが得をし、国民・国家・大多数の企業が割を食ってる。しかし、儲かっているはずの輸出企業も中国などのバイヤーから円安30%分の値引き要求をのまされてちっとも良くなっていないと団交で聴いた。この企業は長期の為替予約で凌ぐ方策も講じていないのか、団交で嘘をついているのか。知識がなければ、大抵の企業内組合は騙されてしまう。円高で従業員は賃金カットを受け、円安で会社は中国に値引きを飲まされてしまう。グローバル化、国民国家の崩壊でこんなことになってしまう。

  

「樋口篤三遺稿集」の刊行、間近か

 樋口篤三遺稿集第一巻「革命家・労働運動家列伝」、第二巻「オルグ・労働運動・戦略」が近々に同時代社から刊行されます。ゲラの校正が終わった段階で、刊行日程が決まりましたら改めて御案内します。

「橋下知事の大阪都構想に反対」朝日新聞関西スクエアに投稿

大阪都構想に反対、と言うより怖い
不況の時は漫才がはやる。いま、労働者・市民は「ぼやき」もでず、「悲鳴」もあがらず、閉塞状況のなかにある。過去、大阪の無党派旋風が愉快犯的に吹き荒れたように、橋下知事の大衆扇動型政治(敵を設定、攻撃して支持を集める)のアジテーションが無辜の民の「怒り」に点火するのが怖い。「大阪都構想」の是非を冷静に理解できるよう、メディアは役割発揮を、政党は対案提起を。公務員組合員を抱えた連合大阪は大衆行動を。労働運動の情報発信はデモしかないが、静かすぎる労働組合がもっと怖い。

17歳で山村工作隊(独立遊撃隊)、生涯運動家の脇田憲一

 私と脇田憲一さんとの出会いは38年前の、1973年。当時、私は総評全国金属の駆け出しのオルグ、若気の至りもあって、脇田さんが勤めていた会社の東洋シャッターで大争議をしでかす。当時、脇田さんは社長室か、企画室だったか、経営中枢におられ、直後、会社役員になるのが嫌で退職し、大阪総評のオルグに転進する。爾来、総評労働運動のなかで親しく付き合うことになる。
 私が脇田さんに魅(ひ)かれたのは、彼が共産党の武力闘争方針、山村工作隊(独立遊撃隊⇒将来の人民軍)の隊員であったこと。山村工作隊にまつわる話しにはじめて出会うのは40年超も前の大学時代、高橋和己の小説「憂鬱なる党派」のなか、主人公の西村恒一の語りを通じてである。脇田さんは、共産党の武力闘争方針に忠実に従い、枚方事件と奥吉野山村工作隊として闘う。その体験は17歳(定時制高校)から20歳までの三年間。脇田さんの自分史でもある「朝鮮戦争と吹田・枚方事件」(明石書店刊・844頁の大著)を二度読んだが涙が出て仕方なかった。そのあとがきのなかで、脇田さんは「私の人生の決定的な体験、その精神的体験は日本共産党の軍事闘争時代の三年間であり、運動的体験は大特(注:大阪特殊製鋼)闘争時代の七年間であった。後の運動人生はそのバリエーション(変奏曲)であったにすぎません」と述べている。

明けましておめでとうございます。


本年もよろしくお願いします。

少し早目ですが、2011年の年賀状です

新年の、2011年の年賀状です。要の年賀状は少しもめでたくないのが定番でしたが、娘の協力で今回の年賀状は趣を一変し、写真を5枚も貼り付け、明るいものになっています。この間ご支援いただいた全国の皆様には少し早めの新年のご挨拶です。

ニュースの動画をアップロードしました。

関西テレビ「スーパーニュースアンカー」(2010年10月21日)3分30秒


関テレ「スーパーニュースアンカー」 報道概要

自治労の上部団体で日本最大の労働組合、連合。
その大阪の支部で言論活動を不当に干渉されたとして裁判に訴えた元職員がいます。
要宏輝さん。連合の前進の総評から40年間労働運動一筋で歩んできました。
「雨が降ってデモ中止したら労働者から怒られました。大衆運動の息吹というのかな。
運動会のような躍動的な運動ができた。」(要宏輝さん)

10/21、関西テレビが「特集報道」、朝日新聞が「連合大阪訴訟」和解報道。動画と記事をUP

 タイトルの通り、大きな報道が二つもありました。テレビは、関西テレビの迫川記者の執念の取材と編集、「さすが」というか、ご苦労様でした。元原告の要は3時間も取材を受けて、わずか5分の登場で不満が残ったと言っていましたが、カットされた2時間55分の「真実の証言」フイルムは何時か、日の目を見ることができるのでしょう。連合の可能性、期待を持たせるような取材も撮り入れて心憎い編集でした。

連合大阪訴訟が終結。連合大阪は恐れることなく、真の和解=改革に踏み出すべき

 「連合大阪訴訟」は、8/31、裁判所の和解勧告を受けて、原告の主張をくんだ形で終結しました。裁判所の関与和解は通常、①訴状プラス②和解条項という形の和解調書になっていますが、今回は「異例な関与」ともいうべきもので、③「和解勧告(裁判所の所見)」なる書面が和解調書に添付されました。和解勧告に記載された裁判所の所見は関係当事者としても拒否できない、まことに当を得たものでした。