Site Network:

要宏輝のWebサイトにようこそ!

アベノミクス考:企業・国家・国民、三つの経済主体の皆が得すれば結構なことだ。国内立地のごく一部の輸出企業のみが得をし、国民・国家・大多数の企業が割を食ってる。しかし、儲かっているはずの輸出企業も中国などのバイヤーから円安30%分の値引き要求をのまされてちっとも良くなっていないと団交で聴いた。この企業は長期の為替予約で凌ぐ方策も講じていないのか、団交で嘘をついているのか。知識がなければ、大抵の企業内組合は騙されてしまう。円高で従業員は賃金カットを受け、円安で会社は中国に値引きを飲まされてしまう。グローバル化、国民国家の崩壊でこんなことになってしまう。

  

論文「連合よ、正しく強かれー連合労働運動の過去・現在・未来」上梓


論文「連合よ、正しく強かれー連合労働運動の過去・現在・未来」が仕上がりました。掲載は「現代の理論」(vol.19(09春号)、明石書店)です。約13000字・12ページ建です。連合結成から20年、本論文はいわば私の「連合運動の総括」です。
<内容>一・経営者よ、正しく強かれ/二・連合結成=労働戦線統一で労働運動はどう変わったか/三・連合運動の現在(1)人材の劣化(2)左「右」の批判(3)運動の劣化/四・連合運動の未来(1)共闘、統一戦線の試みを(2)連合評価委員会報告、連合行動指針の実践を(3)危機は変革、革命のチャンスetc



「連合大阪事件」の裁判が始まりました

 いよいよ、裁判が始まりました。昨日、3月12日「連合大阪事件」の第一回期日に、弁論の手続きが大阪地裁608号法廷で行われました。連合大阪からは山本・坂副事務局長、代理人弁護士として名前も顔も知らない、連合大阪法曹団のメンバーでない(この一月、要が在籍当時の法曹団名簿にはない)三名が出てきました。

大阪総評の最後の議長岡本知明さんの偲ぶ会が開かれました。

3月4日午後5時から、大阪総評の最後の議長岡本知明さんの偲ぶ会が開かれました。私も追悼集に「豪放磊落にして機略に富んだ大物」との一文を献じました。岡本さんのような大物がいなくなり、指導者の劣化が進み、労働運動が衰退し、日経連が消滅し、労働省が縮小し・・・寂しいかぎりです。

「日本労働ペンクラブ賞受賞記念の集い」が開催されました。

連合大阪役員の出版妨害もあり受難の出版だった「正義の労働運動ふたたび」(アットワークス刊)が「2008年度日本労働ペンクラブ賞」を受賞し、 2月26日午後6時より難波の道頓堀ホテルで、「日本労働ペンクラブ賞受賞記念の集い」が開催されました。当日は103名もの友人や支援者が集いました。詳しくはビデオを編集して近々に報告します。


「連合大阪事件」の答弁書が出る

3月2日、要が提訴した「連合大阪事件」の被告連合大阪の答弁書が大阪地裁に提出された。肝心の事実関係では「否認」「不知」で逃げを打ち、、瑣末な言い訳に終始している。主張が全くなく、かっての身内の答弁書としては物足りない。しかし、徹底的に争うとのコトです。

今日の、ホットな、要の闘争日誌

1.「連合大阪事件」(要の命名)の裁判の第一回期日が最終的に決まりました。第1回期日は,被告の方から変更の請求があるかもしれないと思い,当方の井上二郎代理人が相手方代理人の藏重弁護士に変更の予定があるかどうか聞いて見ましたら,「今のところ,変更の請求の予定はない」とのことでした。第一回期日は3月12日午後13時10分,法廷は608号法廷です。係属部は大阪地裁第5民事部単独4係です。

応援メッセージありがとうございます

2月4日現在、応援メッセが20通ほど届いています。私も65歳になって争議団になろうとは思っていませんでした。連合のなかでがんばっている人たちを敵に追いやることなく、外の皆さんと一緒になって「連合よ、正しく強かれ」の運動を進めていく所存です。なお、いただいた応援メッセのいくつかを「いただいたメッセージ」のなかで紹介しています。

連合を退職しました

1月29日、連合大阪を退職しました。

裁判はじめました。

みなさん、応援してください。これからの労働運動の未来のために、民主主義のために、闘う人々のためにがんばります!