Site Network:

要宏輝のWebサイトにようこそ!

アベノミクス考:企業・国家・国民、三つの経済主体の皆が得すれば結構なことだ。国内立地のごく一部の輸出企業のみが得をし、国民・国家・大多数の企業が割を食ってる。しかし、儲かっているはずの輸出企業も中国などのバイヤーから円安30%分の値引き要求をのまされてちっとも良くなっていないと団交で聴いた。この企業は長期の為替予約で凌ぐ方策も講じていないのか、団交で嘘をついているのか。知識がなければ、大抵の企業内組合は騙されてしまう。円高で従業員は賃金カットを受け、円安で会社は中国に値引きを飲まされてしまう。グローバル化、国民国家の崩壊でこんなことになってしまう。

  

10/21、関西テレビが「特集報道」、朝日新聞が「連合大阪訴訟」和解報道。動画と記事をUP

 タイトルの通り、大きな報道が二つもありました。テレビは、関西テレビの迫川記者の執念の取材と編集、「さすが」というか、ご苦労様でした。元原告の要は3時間も取材を受けて、わずか5分の登場で不満が残ったと言っていましたが、カットされた2時間55分の「真実の証言」フイルムは何時か、日の目を見ることができるのでしょう。連合の可能性、期待を持たせるような取材も撮り入れて心憎い編集でした。

連合大阪訴訟が終結。連合大阪は恐れることなく、真の和解=改革に踏み出すべき

 「連合大阪訴訟」は、8/31、裁判所の和解勧告を受けて、原告の主張をくんだ形で終結しました。裁判所の関与和解は通常、①訴状プラス②和解条項という形の和解調書になっていますが、今回は「異例な関与」ともいうべきもので、③「和解勧告(裁判所の所見)」なる書面が和解調書に添付されました。和解勧告に記載された裁判所の所見は関係当事者としても拒否できない、まことに当を得たものでした。

連合大阪訴訟の証人調べ終わる。裁判所が和解を提案(7/22訂正・追加あり)。

 連合大阪訴訟(民事5部=労働部・大須賀寛之裁判官)の山場である証人調べが終わりました。証人調べの最終期日の7/8は、被告側証人の坂貴之副事務局長(関西電力)と原告要宏輝の主・反対尋問でした。坂の証言は「軽い」、人間そのものが軽すぎる印象でした。「朝日新聞は読まない(実はサンケイしか読んでいない!)」には失笑が。

「いのちを守る労働運動ー最前線九人の証言」(論創社)、7月15日発売

 先に案内していました「日本労働運動の最前線(仮題)」が改題され、刊行も大幅に遅れ、7月15日の発売となりました。「いのちを守る労働運動-最前線九人の証言」/設楽清嗣・高井晃編著/論創社/定価1800円/p280/。要宏輝の「連合大阪言論圧殺裁判」も所収されています。インタビュー形式で叙述されていますので大変読みやすい。初めて公に為される連合大阪裁判の報告です。ご期待ください。













偽証で消せぬ法的真実。「パナソニックの偽装請負は違法行為ではない」仰天証言!

 6月10日、「連合大阪訴訟」の証人調べがありました。被告側証人のメーンはご案内の、連合大阪前事務局長(日教組出身)の脇本ちよみ。いつも泣いていた印象のある方ですが、さすがに証人席では泣かず、逆に「(原告の)要にセクハラを受けた」などと口走りました。女性事務局長でありながら、セクハラの意味が分かっていません。

連合大阪よ、正しく裁かれ!待望の証人調べ期日決定、第一回6月10日、AM10時~PM16時。於:608号

 3月26日、大阪地裁第五民事部に「要陳述書」(12ページ、1万5336字)を提出しました。<裁判について>のページに全文搭載します。以下はその「前文」です。なお、訴訟提起から1年半、やっと待望の証人調べの期日が決定されました。証人は5名、以下の通りで証人調べは2回で結審します。
●6/10(木)am10~pm16 ①脇本ちよみ事務局長(敵性証人)②中世古幸治電機連合議長(敵性証人)③大和田幸治港合同事務局長(原告側証人)
●7/8(木)am10:30~pm16 ①坂貴之副事務局長(敵性証人)②原告要宏輝(pm13:30~16)
なお、裁判所が行った「争点整理」は以下の通りです。
1.被告連合大阪は原告要宏輝の人格権等を保護すべき義務を負っているか。
2.脇本事務局長の電機連合への謝罪行為、連合大阪の「申し合わせ事項」(注:連合大阪言論弾圧法)の作成がその義務違反に該当するか。
3.モリタに対する伊東会長の謝罪行為がその義務違反に該当するか。
4.出版妨害事実の有無、労働者委員の再任妨害事実の有無とその違法性。
5.原告の蒙った損害。

三池争議50周年記念講演、平井陽一教授(明治大学)が、3.30田中機械ホールで

 私の古い友人の、平井さんの講演が3月30日開かれました。懐かしく感慨深い講演でした。私も学習会で引用する組合の組織論「xyz論」も三池労組が編み出したものです。三池争議とは、1959-60年、大牟田市の三池鉱業所(三池炭鉱)を舞台に闘われた、「総資本対総労働」の対決、282日のスト・・戦後最大の争議です。

最後の「職革」樋口篤三さんの見果てぬ夢を語る集い、259名の大盛会。2月6日、東京で。

 2月6日、四谷の主婦会館で樋口篤三さんの「偲ぶ会」が開かれました。午後1時半開会ー5時閉会の3時間半の長丁場でしたが、終始和やかな雰囲気で時には笑い声や共感の拍手が起こり、熱気に包まれました。私の出身母体の旧・総評全国金属からは平沢栄一さんはじめ中央・地方の元書記長が4名も参加されていましたし、関西からも何十人かの参加者で、田中機械・大和田委員長はじめ港合同の面々、関西生コン支部の役員の方々、そして懐かしい反戦のメンバーなど・・・旧交を暖める機会にもなりました。
 樋口さんの幅広い活動を反映して、発言者14名は多士済々でした。私のよく知っている労働関係では戸塚秀夫(労働問題研究者)、矢沢賢(都労連顧問)・大和田幸治(田中機械)、その他の領域関係からは鈴木邦男(一水会最高顧問)・保坂展人(社民党・前衆議院議員)・キューバ大使館参事官の各氏が発言され、感慨一入(ひとしお)でした。

1.14連合大阪訴訟、第6回目の弁論手続き。

 連合大阪訴訟の提起(2009.1.21)から1年も経ったのに、まだ証人調べ、証拠調べが始まりません。1月14日の裁判所では原告(要宏輝)側が①「人証の申し出」つまり6名の証人申請を行いました。うち、脇本ちよみ(前連合大阪事務局長)・坂貴之(連合大阪副事務局長)・中世古幸治(前電機連合大阪地協議長)の3名の敵性証人は双方申請の形です。

本日、1月14日、3ヶ月ぶりに公判(弁論手続き)がありました。

 相も変らぬ準備書面の提出等です。これまで裁判所の提出された準備書面は原告(要宏輝)四、被告連合大阪二です。証拠の号証は、原告(要宏輝)26、被告連合大阪9です。被告連合大阪の「無気力」が際立っています。連合運動の功罪を総括するためにも「罪」の諸君の踏ん張りを期待します。