Site Network:

ブログ

花よりも実が美しい、ピラカンサ


秋になり今年も、我が家のピラカンサが写真のように沢山の実(果実)をつけた。5~6月、白く小さな五弁花が散房状に咲く。10~11月、花より美しいと言われる実が鈴なりになって鮮紅色や黄色に実る、というより咲いている感じだ。朝起きて窓を開けると、ヒヨドリが飛び立つ。熟した実を食べに来ているのだ。ピラカンサはバラ科トキワサンザシ属の総称で日本では三種類が栽培されているようだが、我が家では実が鮮紅色のトキワサンザシが3本、実が黄色のタチバナモドキが1本植わっており、屋根の高さに達しているものもある。・・・、しかし、花鳥風月の風情に浸っていられるような世情ではない。

山形国際ドキュメンタリー映画祭


山形市で開催された「山形国際ドキュメンタリー映画祭」に、10月12~16日の間初めて参加して、映像文化のこと、ドキュメンタリー映画のことをよく学ぶことができた。「誰にもわかってもらわなくてもいい。分かってもらえる人にだけ観てほしい」といったコンセプトのシュールレアリズム映画。日本ドキュメンタリーの金字塔の一つといわれる、「略称・連続射殺魔」(1969・足立正夫監督作品)もそれだが、死刑囚永山則夫の、連続殺人を犯すまでの19年の人生で見たであろう原風景をただひたすらにたどるだけの映像が延々と続く。「語り」もほとんどない。外国人など、予備知識が無ければ、全くわけのわからない映画だ。通常、「犯罪者」は悪い社会がつくりだすものと思い込み、地域の風景がつくるものではないと思っていたが、永山の場合は違う。幼年期に兄弟4人と一緒に両親に捨てられ、飢餓状態で過ごした極寒の網走、小・中学校時代の極貧の青森・柳町の風景・・・、極限の自然が永山を育ててきたのだ。著作等で分かったつもりだったが、永山則夫を本当に理解できた映画だった。
私は他に、小川伸介監督の「三里塚の夏」・「羽田闘争の記憶」などの懐かしいのも観た。暗いと言われる部落差別をテーマにした、「ある精肉店のはなし」(纐纈あや監督)はさわやかな感動のドキュメンタリーだった。また、冷戦終了後の東欧世界(ポーランド・ハンガリー・チェコ)を描いたドキュメンタリー映画の三日間、朝・昼・晩の集中上映といった山形大学の企画もあった。商業主義に毒された劇映画にはない映像世界を耽溺、堪能した旅だった。「戦艦ポチョムキン」や「紅岩」など、社会主義(クソ)リアリズムのプロパガンダ映画をよく観せられた昔の自分がよみがえった時間でもあった。なお、国際ドキュメンタリー映画祭は二年に一度、山形市で開催されている。

天皇と連合が大嫌いだった井上二郎弁護士の偲ぶ会開催

 9月7日、リバーサイドホテルにおいて120余名が出席出席して井上二郎弁護士の偲ぶ会が開かれた。以下は、要宏輝の追悼の挨拶である。
              記

靖国神社に英霊は帰らない!

靖国神社に英霊は帰らない!英霊にもし声あらば言ふならむ「靖国になど帰るものか」(8/15朝日新聞「声」欄投書の短歌)。太平洋戦争の日米両軍の死傷者数を比べて、なぜか日本軍は戦傷者に比べて戦死者が極端に多い。日本軍の戦死200万・戦傷7万に比べ、アメリカ軍の戦死9万・戦傷19万。理由は簡単、圧倒的に国力の勝る国と戦争をして、いくら負けても降伏を許さなければ当然の結果として戦死者数が膨大なものになる。

教師は権力の手先になることは許されない

8月2日、東京地裁で、<東京「君が代」裁判・三次訴訟>の第13回口頭弁論がありました。意見書としては、巻美矢紀・千葉大学教授(憲法学)の『国歌起立斉唱訴訟における問題の本質~公教育における公権力の内在的限界~』というものが提出されました。巻教授はその中で、「職務命令」によって<炙り出された真の目的>として、次のように述べています。

自由を知った者は再び奴隷に戻ることを望まない

Muhammad Hardanはカイロ・ウォーター社の独立労働組合の副委員長。モルシ大統領が打倒された後、なぜ彼や組合員がムスリム同胞団打倒の行動に参加したのかを語った(2013年7月5日)

「労働貴族」(深笛義也著)現在発売中!2013年6月25日発行

連合世界の「労働貴族」について要宏輝も取材に応じている。現代の労働貴族の第一の特質は連合や産別、労働組合の組織や役職を利用して、自らの帰属する企業の利害にそって行動することにある。トヨタや東芝、電力会社、産経といった大企業のなかにも新たな闘いや組合が生まれてきていることは注目に値する。連合の外部からのルサンチマン、内部からのリセット願望を運動化する上で一読に値する、インパクトのある一冊である。

都議選の結果に一喜一憂することなかれ

 都議選は自民・公明の圧倒的な勝利で残念な結果だった。 維新の惨敗と共産党が17議席に倍増したことはよかったが、「東京新聞」の党派別得票数(下記)をみて、そう単純でないことがわかった。 以下のとおり自民は得票を増やしたものの、公明党は得票数を11万減らし、共産党は得票数を9万減らしている のだ。いずれも14%、13%と得票率が高かったのが、議席増になったようだ。昨年12月の衆院選の投票率は59.32%で戦後最低。

アホな連合大阪の幹部が世に送り出した、右翼ゾンビ「西村眞吾」に誰が引導を渡すのか

 西村眞吾は過去、国会議員も弁護士も失格として烙印された人物だ。それがゾンビのように復活していること自体が不思議だ。1992.7、当時は無名、弁護士としての何の実績もなく、仕事もなく、昼間に大阪城公園でジョギングして時間を潰していた西村は、当時の連合大阪の幹部(同盟・民社党系主導)に担がれて参議院大阪選挙区から出馬(社会党・民社党・社民連推薦)して落選したのが政治デビューだ。

なぜ、長期争議は解決しないのか――南労会争議の解決に想う

 なぜ、長期争議は解決しないのか。なぜ、長期争議になったのか。長期争議を前にして発せられる疑問、質問だ。私は、争議が長引くのは、組合の側に原因があるか、会社の側に原因があるか、そのいずれにも原因があるかだと答える。最近、私が関与して和解した南労会争議(組合は全国金属機械労働組合港合同南労会支部、組合員30数名)も解決(2013年3月)まで22年も要した。南労会事件がなぜ長期争議に至ったか、考察してみた。