Site Network:

ブログ

戦争絶滅法案を議員立法で!

開戦後10時間以内に最前線に次の順番に一兵卒として送り込む。①国家元首②その親族③閣僚、次官④賛成の国会議員⑤反対しなかった宗教指導者。さらに彼らの女性親族は野戦病院で看護に当たらせる。――以上は、デンマークの陸軍大将が発案した「戦争絶滅法案」、戦争の本質をよく突いている。之を野党が法案として提出(もしくは議員提案)すればよいのに。議論するだけでも意義がある。

週刊金曜日2月6日号掲載

本日2月6日発売の週刊金曜日に、拙論「法的に断罪されたのは橋下市長、維新の会。裁判、労働委員会で負けっぱなし」が掲載されています。訴えの総数57件のすべてを一覧表付きで最新情報で解説しています。橋下市長の違法性プラス「特異性」が余すところなく暴露されています。

断罪された、「橋下流」組合攻撃――法的断罪から次なる政治的断罪へ!

1.なぜ、違法な組合攻撃がなされたのか、その背景事情

2.橋下市長の職員・組合攻撃の違法性プラス特異性

3.橋下市長の主張:庁舎の組合事務所貸与は「庁舎の目的外使用」に該当

4.裁判所、労働委員会が「橋下流」組合攻撃を法的に断罪

5.法の水準を超え、かつ違法な条例は無効!

6.労働運動で、橋下市長の政治的断罪=政治的死を!

一.なぜ、違法な組合攻撃がなされたのか、その背景事情

元全電通近畿委員長の馬場新一さんの偲ぶ会。馬場さんへの私の追悼文です。

最も長生きされた大先輩の遺志を継ぎ、「世直しは後世に委ねられない」
 私は本年二月に古稀を迎えた。「馬場新さん」(私たちは敬愛の念を込めて、そう呼んでいた)宛の年賀状に、古稀の由来(唐の時代、杜甫四七歳の詩句、「酒債尋常行處有/人生七十古来稀」)とその意訳「七〇歳まで生きてゆくのは古来より稀なことである。だから、元気な今のうちに酒を飲んで楽しんでおきたい」と、私流の「異訳」として「唐の時代の七〇歳は、現在にすると九〇歳超の年齢であろう。とすれば、私は後二〇年、酒を飲み続けなければならない」と書き送った。馬場さんの年賀状には「酒を飲めるうちは元気、即ちこれ自然体という」と書かれており、現代の古稀(=卆寿)を全うされた。社会主義理論センターの発足(七八年)から現在までのお付き合い。故横手真夫さん(大阪総評副議長、国労)らともよく酒席を共にされた。2007年の「正義の労働運動ふたたび」の出版パーティにも老骨を押してご出席いただいた。「シベリア抑留帰り」の豪放磊落な指導者の死、侘しさが募る。(元連合大阪副会長 要宏輝)

火山学者が「世界一危険な原発」と警告している川内原発

犠牲になられた方々には気の毒な話しだが、御嶽山の噴火は、火山学者が「世界一危険な原発」と警告している川内原発の再稼動には大きな逆風だ。30キロ圏内の住民・自治体の避難計画、そして10キロ圏内の要援護者避難計画すらも立てられていない。桜島の大噴火と地震、津波、そして原発テロで川内原発が事故れば、日本は滅ぶ。オリンピックも吹っ飛ぶ。

白浜大花火大会2014


ユニオン幹部・活動家養成講座テキスト完成

ユニオン幹部・活動家養成講座テキスト 
●カリキュラム(全五回)
http://kaname.news.coocan.jp/files/kouza_text2014.pdf
第1回:私、要宏輝の労働運動の軌跡
(総評全国金属~連合の40年余オルグの経験から)
第2回:実践「労働相談」と労働局活用の勘所
  (連合大阪労働相談員・和歌山労働局総合労働相談員の経験から)
第3回:武器として労働法、手段としての労働組合
(要流「労働組合原論」)

札幌に続く、自治労とゼンセンの「領土戦争」

私、要は総評時代、ゼンセンを「敵ながらあっぱれ」と評してきました。「数は力なり」の労働組合主義はおおむね一致しましたが、組合作りの手法は100%真逆でした。ゼンセンの起こした不祥事の御し方などは今の電力総連などは足許にも及びませんし、近江絹糸ほか総評以上に立派な組合も輩出しています。

袴田事件の再審決定、48年ぶりの釈放に想う

袴田事件の再審決定、48年ぶりの釈放に想う。・・大抵の一般人は自白強要の過酷な取り調べには耐えられない。取り調べの可視化もまだまだ不十分だ。冤罪を産む最大の原因は、「認めなければ何時までも釈放しない」(人質司法)という、法の目的とかけ離れた逮捕・拘留の運用がある。最も改革が遅れているのは検察と裁判所の癒着・一体化だ。起訴されれば99%有罪になる。