Site Network:

ブログ

総評解体・連合結成、30年目の「真実と現実」

2017年の今年は、総評が解散し連合が結成されて30年です。連合や傘下の単産などでは「30周年記念大会」などの行事が行われていますが、この間の連合運動、産別運動の検証・総括がどのようになされているのか、大いに気になるところですが、とても「お祝い」気分などないはずです。労働運動の存在感がないばかりか、結成当初の熱気は冷め、「何もしない」「何もできない」連合の、彼我の評価は定まっています。

長澤負けた、高裁死ね!(11.2長澤運輸事件東京高裁判決)

労契法20条(不合理な労働条件の廃止)について、私は以下のような懸念を抱いていた(著書・論文コーナーに搭載:「ユニオン幹部・活動家養成講座テキスト」P25~26)。

民主党が原発を参院選の第一の争点にしないのがおかしい!との、小泉元首相の発言に応える

「野党第一党の民主党が原発を参院選の第一の争点にしないのがおかしい!」、この小泉氏の発言は正しい。なぜ、民主党にそれができないか。

2016春闘、いかに闘うか!

一.春闘60年の歴史を俯瞰して

◆「太田春闘」
1955~74年:陽気な高成長期/年平均成長率9.1%/高成長+戦闘力あり

◆「宮田春闘」
1975~91年:ジレンマの低成長期/年平均成長率4.2%/1976~スタグフレーション、1980年代の新自由主義経済の構造転換、80年代末のバブル崩壊/労働運動「冬の時代」へ/低成長+戦闘力ダウン

◆「奥田春闘」

2016新春

">

大阪の「不幸せ=府市合わせ」のダブル選結果について

大阪の「不幸せ=府市合わせ」のダブル選結果について。「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」とは野村監督の言葉ですが、負けるべくして負けた、その理由は単純なことでみなさんも思ってるとおりです(略)。元をただせば、橋下という「モンスター」を生み出したのはマスコミでも(昔から)タレント好きの大阪のおばちゃん族でもありません。

アベの「上からの革命闘争」!?

経団連会長に、大企業が貯めこんだ内部留保を「設備投資にまわせ」とか「賃上げに回せ」と言い、連合役員を官邸に呼んで「確たる賃上げを」(?)と発破をかけたり、マスメディアに介入・統制したり、違憲法から更に「非常事態権限」の「加憲」を企図したり、・・・アベのやってることはグラムシのいう「社会ヘゲモニー闘争」というよりは「上からの階級闘争・革命闘争」だ。

ユニオン幹部・活動家養成講座テキストの「改訂版」(2015.11)を作りました。

改定・補強版 ユニオン幹部・活動家養成講座テキスト
●カリキュラム(全五講)
第1講:私、要宏輝の労働運動の軌跡
(総評全国金属~連合の40年余オルグの経験から)
第2講:実践「労働相談」と労働局活用の勘所
  (連合大阪労働相談員・和歌山労働局総合労働相談員の経験から)
第3講:武器として労働法、手段としての労働組合
(要流「労働組合原論」)
第4講:労働運動の砦=労働委員会を活用する
(大阪府労働委員会労働者委員7年の経験から)
第5講:労働運動に未来はあるか―救いはユニオンに!
(合同労組=ユニオンの過去・現在/連合労働運動の総括)
補 講:労働運動の過去・現在・未来
補 講(その2):新しい社会労働運動の台頭

<附属資料>
 1.厚労省「平成24年度個別労働紛争解決制度施行状況」
 2.ケーススタディ「労働相談・精選25題」
 3.大阪府「不当労働行為企業排除制度」に関わる文書(2点)
 4.厚労省「企業規模別(民営企業)労働組合員数」(2013年)
 5.大阪労働者弁護団「労働法制改悪に対する反対声明」(2014.4.8)